働く女性の健康をサポート。神楽坂の整体&フットケア専門院

  • 電話
  • LINE
神楽坂駅徒歩3分 土・日・祝日営業 21時まで営業

働く女性の健康をサポート。神楽坂の整体&フットケア専門院

神楽坂駅徒歩3分 土・日・祝日営業 21時まで営業

ペディスマイル 森崎幸代の症例ブログ

2016年5月24日

かかとの魚の目

かかと魚の目「あるくたびにかかとが痛い」
 
足底腱膜炎かな?とおもって足裏をみましたら「魚の目」がありました。
ただ、ふつうかかとは脂肪組織がたくさんあるのでふっくらしてますよね。
 
それなのに魚の目ができた。「なぜだろう?」
 
かかとに出きた魚の目の芯は、どんどん奥に入って深くなってしまうことが多いです。こちらのかたもとにかく深い。
 
ただ、深く削っていっても痛みがそれほど変わりませんでした。
横からつまむようにしてみると・・「イタタタ・・・!!」
随分痛そうです。それにつまむと中の方に骨ではない硬いものを感じました。
 
中のほうで硬い組織ができていて、歩くたびにそこに芯があたって痛いのかと推測しました。
 
一度整形外科でエコー診断していただいたほうが良いと思います。
その後、踵骨の変位を整えてゆこうと思います。
 
イレギュラーな場所に魚の目ができる場合は、様々な原因を考えて施術してゆきます。
原因がわからないと魚の目は、再発します。
 
削るだけではなく最善の方法を考えてゆきます。
 
ぜひご相談くださいませ。

  • 0120-882-447
top