働く女性の健康をサポート。神楽坂の整体&フットケア専門院 ペディスマイル

  • 電話
  • LINE
神楽坂駅徒歩3分 土・日・祝日営業 21時まで営業

働く女性の健康をサポート。神楽坂の整体&フットケア専門院 ペディスマイル

神楽坂駅徒歩3分 土・日・祝日営業 21時まで営業

ペディスマイル 森崎幸代の症例ブログ

2020年5月18日

小指の魚の目いろいろ、じつは同じ原因で起きるのです

お出かけするには一番気候がいい季節になりましたが、今年は、stayhome 。お家で過ごす時間を工夫しないといけませんね。

 

写真は、足の小指周囲にできる魚の目です。

爪の下、MP関節の上、下、爪の脇

魚の目は、靴が当たる箇所に。

あらゆるところに出来ますから厄介です。

 

いろんな箇所にできますが、じつは原因はひとつだけ。

どの魚の目の下にも関節があり骨の出っ張りがある箇所なのです。

 

小指周囲の魚の目ができやすい人は

  • 内反小趾
  • 足のアーチが崩れている
  • 開張足
  • 小指側(外側)に体重がかかっている
  • 足先の甲が薄い
  • 足幅が狭い
  • 足裏の脂肪層が薄い

フットケアで角質を除去することと「整体」で足のアーチを作り、体重の重心を外側から内側へ移動させることで魚の目の箇所の負担が随分軽減します。

 

小指周囲の魚の目でお悩みの方はぜひご相談ください。

 

 

  • 0120-882-447
top