働く女性の健康をサポート。神楽坂の整体&フットケア専門院

  • 電話
  • LINE
神楽坂駅徒歩3分 土・日・祝日営業 21時まで営業

働く女性の健康をサポート。神楽坂の整体&フットケア専門院

神楽坂駅徒歩3分 土・日・祝日営業 21時まで営業

ペディスマイル 森崎幸代の症例ブログ

2012年10月17日

あなたは大丈夫?プレ更年期障害

カテゴリ

更年期障害こんにちは ペディスマイル森崎です。
 
わたしも40代半ば。
今流行の「アラフォー」ともいえない年頃になって来ました。
 
30代から40代になった途端にガックリと体力が落ち、ちょっと食べ過ぎたらすぐ太り、そして痩せにくくなりました。
 
40代も半ばを迎え、わたしは最近そんな身体の状態にも慣れてきました。
 
私のような年頃からは、「更年期障害」でお悩みの方が非常ににたくさんいらっしゃいます。
 
早い方では30代後半からとか!

 

プレ更年期でも症状は更年期障害とほぼ同じです。
肩こり・腰痛・手足の冷え・ 月経の周期が変わった・出血量が減った・疲れやすい・めまい
便秘や下痢・ホットフラッシュ(首から上に汗をかきやすい)・イライラ・不安感・寝付きが悪い・憂鬱感など
 
症状は同じでも、原因は違うようです。
 
●更年期障害は、
閉経をはさんだ10年くらいの期間(40代後半~50代)に、卵巣機能の老化により体に不調をきたします。
 
●プレ更年期は、
卵巣の老化よりも、自律神経の失調による影響が大きいと考えられています。
ストレスや生活習慣の乱れ、過労、無理なダイエットなどから卵巣刺激ホルモンの分泌が低下し、
女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまうのです。
 
ですから、卵巣機能そのものが低下する更年期障害とは異なります。
 
更年期障害とは違うとはいえ、プレ更年期の症状を放ったままにして、女性ホルモンが低下した状態が続くのはやっかいです。
 
まずは生活習慣を改善した上で、整体コースで自律神経を整えることをはじめませんか?
まだ症状が出ない今のうちから身体のことを考えることをオススメします。

  • 0120-882-447
top