働く女性の健康をサポート。神楽坂の整体&フットケア専門院

  • 電話
  • LINE
神楽坂駅徒歩3分 土・日・祝日営業 21時まで営業

働く女性の健康をサポート。神楽坂の整体&フットケア専門院

神楽坂駅徒歩3分 土・日・祝日営業 21時まで営業

ペディスマイル 森崎幸代の症例ブログ

2012年12月29日

肝臓をいたわろう

カテゴリ

ビールペディスマイル 森崎です。
 
クリスマス会、年末の忘年会に続き
年始の集まりや新年会
 
お酒を飲む機会が急に増えるじきです。
 
わたしも毎週なんらかの会に出席し、お酒を飲む機会が増え
お腹の調子がよくないなあって日が続きました。
 
とくにアルコールを分解する「肝臓」の働きが弱まります。
肝臓は沈黙の臓器ともいわれ
本当に悪くなってからしか症状が現れない
我慢強い臓器なのです。
 
口から入ったアルコールは胃から20%、小腸から80%が吸収され、
 
その大部分が肝臓で処理されます。
 
肝臓内では、悪酔いや頭痛、動悸の原因ともなるアセトアルデヒドになり、
さらに、血液により全身へめぐり、水と二酸化炭素に分解され、汗や尿、呼気中に含まれて外へ排出されます。
 
肝臓を元気に保つためには、
肝臓の「解毒力」が落ちないようにすることが効果的です。
 
具体的には以下の3点が挙げられます。
 
1)食べ過ぎに注意する
食べ過ぎは脂肪肝の原因となり、肝機能低下につながります。
 
2)飲み過ぎに注意する
飲み過ぎは肝臓に障害を起こし、脂肪肝や肝硬変につながります。
 
3)適度な運動、睡眠を心がける
不十分な運動や睡眠はストレスの原因となり、肝機能低下につながります。
 
規則正しい生活、腹八分目、適度な運動など、古典的ともいえる健康への留意点が大事なのですね。
 
いやはや、それが難しい・・・。

  • 0120-882-447
top